電子計測器の情報はここから!

このサイトでは電子計測器に関する豆知識を紹介します。
まずはじめにその測定器を利用するに当って必要不可欠な知識である抵抗に関して様々な観点から紹介し、その後、データ記録もできる計測器を紹介します。
そして、測定器のソリューションの提供や基本的な仕組みといった気になる点についても述べた後、最後に測定器の精度とスピードについても説明していきます。
これらを読めば、この測定器に関する知識は一通り揃ったと言えます。

電子計測器の高抵抗と低抵抗

電子計測器の高抵抗と低抵抗 電子計測器は大変便利なアイテムですが、その使い方を誤りますと十分な結果を得ることはできません。
とくに抵抗測定時においては細心の注意を払う必要があります。
低抵抗測定時の注意点としては、4端子測定物の接触部分まで4端子で接触する必要があること、メジャーメント感覚の違いによりその誤差が生じることもありますのでレジスタンスメジャーメント及び回路設計の際にはこれらの誤差要因が悪影響を与えないようにすること、が挙げられます。
また、高抵抗測定時に注意点としては人間を含む導体を近づけないこと、作業中の治具には触らないこと、振動を避けること、静電シールドを施すことなどが挙げられます。
こうした点に注意して電子計測器を使用すれば、効率的かつ効果的に結果を得ることができますので、是非、これらの注意点は守るようにして下さい。

デジタル式の電子計測器なら数値をディスプレイに表示可能に

デジタル式の電子計測器なら数値をディスプレイに表示可能に 電子計測器は信号の処理でアナログ式とデジタル式の2つに分けることができますが、基本的には入力された電気信号を増幅して演算を行うといった基本的な原理があり、このときデジタル信号に変換して電圧値や波形を表示させるものをデジタル式と呼びます。
アナログ式の場合は測定結果を計算するなどが必要になりますが、デジタル式の場合は数値をディスプレイに表示させることが可能になりますし、パソコンと接続ができる電子計測器などでは測定データのデジタル化を図ることもできます。
テスターは、端子間電圧を計ることができる電子計測器、アナログ式のものは針が止まった場所の数値を読む、これに現在のレンジを見て計算することで電圧値を割り出すことができます。
これに対してデジタル式のテスターの場合は、端子間電圧を直接ディスプレイに表示することが可能になるので、その都度針の位置を読み取り計算を行うといった手間がいりません。
オシロスコープなどの電子計測器の場合も、アナログ式では表示された波形を保存したいときには画面をポラロイドカメラを使って撮影が必要ですが、パソコンと接続できるデジタル式のオシロスコープの場合は、波形データをパソコンに保存ができる機能を持つものもあります。

電子計測器を使う時の注意点の1つ振動の影響

電子計測器は主に電気信号を計測する装置なので、揺れの影響は受けない、あるいは関係ないと思いがちではないでしょうか。実際のところ電子計測器は振動の影響を無視することができませんし、結果に乱れが生じることも珍しくないです。特に厄介なのは、人が体感できないほど小さな揺れであっても、高性能な電子計測器はそれを拾い結果に反映させてしまうことです。しかし逆に僅かな変動も計測できることを意味しますし、微細な揺れを計測する装置もあるくらいです。分野によっては必要不可欠ですから、高性能なことが裏目に出るケースもあれば、それが役立つシーンもあるわけです。いずれにしても、見た目に分からない小さな揺れが結果に影響したり変化を与えることは確かなので、計測の際には注意が必要です。何度計測しても想定された結果と違う結果になる場合は、振動が発生していないか疑ったり、発生源が近くにないか確かめてみるのが良いのではないでしょうか。

電子計測器であるスペクトラムアナライザの概要

スペクトラムアナライザとは、AC電力を周波数別に表示する電子計測器です。スーパーヘテロダイン技術を用いた掃引方式と、高速フーリエ変換によるリアルタイム方式という二つの方式があります。まず掃引は、特定の周波数成分のみを取り出して増幅させます。入力信号に混合器と局部発振器を使用して中間周波数に変換し、狭帯域の中間周波数フィルタを通過した電力値を画面に表示することができます。必要な周波数成分以外は切り捨てることができるので、ノイズフロアを下げられるというメリットがあります。そしてリアルタイムは、中間周波数に変換する段階までは同じですが、さらにアナログ・デジタル方式に変換してから高速フーリエ変換の計算を行います。その後中間周波数フィルタの分解能帯域幅で、複数の周波数成分の電力値を同時に表示していきます。局部発振器が掃引しなくてもよいので、測定速度が速いという点が最大のメリットとなっています。どちらの方式も高性能な電子計測器ですが、静電気やDC電力の入力などで壊れたりするので注意が必要です。

ケーブルを電子計測器に接続する上で確認しておきたいポイント

電子計測器の扱いが不慣れだったり初めてだと、どこにどのケーブルを接続するか悩むことがあるのではないでしょうか。大切なのは事前に確認することで、分からないからと当てずっぽうで適当に接続しようとしないことです。電子計測器はケーブルがないと使えませんが、誤った配線をすると正しく機能しないばかりか、最悪のケースだと故障の恐れがあります。その為、まずは電子計測器の電源を切った状態にして、説明書に目を通したり詳しい人に助言をもらうことをおすすめします。正しく繋げられるように、基本的に本体とケーブルは互換性のある端子にしか繋がりませんが、クリップで端子を挟むような繋げ方をする人もいるので注意です。また電流が流れるケーブルは2本で1セットが基本ですから、どちらがホットでGNDか確認することも大切です。間違った使い方は故障の恐れからNGで、ケーブルはホットとGNDを正しい端子に繋ぐものと頭にいれておけば、電子計測器の使い方が習得しやすくなるのではないでしょうか。

各種電子計測器を販売している会社を探すには

電子パーツを組み込んでいく時や電子機器を修理する時などに欠かせないのが電子計測器です。これを使う事で、現在の異常を察知する事が出来たり、パーツの性能や特性を調べたりする事が出来ます。電子計測器を購入するには、販売しているメーカーやショップを探す必要があります。ネット通販に対応していたり、対面販売を行っていたりするので、実際に製品を確認してスタッフに色々と相談してから購入をしたいのであれば、電子計測器は対面で売られている店で購入する方が良いでしょう。店やメーカーから遠方にいて、出来るだけ早く電子計測器を使いたいという場合は、ネット通販を利用するのが便利です。地域によっては、このような専門機器を取り扱っている店が無い所もあり、ネット通販での購入は、数少ない入手ルートとなるでしょう。計測器は、計測能力に定評があるメーカーの物を選ぶようにする事で、狂いが生じない環境を手に入れる事ができ、計測が確実に行なえます。

もっと電子計測器を知りたい

RFシグナルジェネレータ

新着情報

◎2020/12/8

電源はどうなっているのか
の情報を更新しました。

◎2020/9/8

メータの意味を理解する
の情報を更新しました。

◎2020/6/15

人気の高速機能計測器
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「計測 抵抗」
に関連するツイート
Twitter

Bournsギター用250kΩ/Aカーブポット実測。それぞれ数個ずつ計測してのだいたいの範囲。 PDB241-GTR:残留抵抗2-4Ω前後の次は40Ω前後 Bourns Pot by ESP:残留抵抗2-4Ω前後の次は40Ω前後 Model 95:残留抵抗0.2-0.4Ω前後の次は40Ω前後 なお最大値は全種類で270-290kΩ程度と高め。

返信先:結果としてはあくまで参考値であり 実際に運転しても5.4秒は出ません。 今回は実際に路上を走るのでは無く、シャーシダイナモという主に馬力計測に使われる計器で計測している様です。 実測には違い無いのですが、風の抵抗やダウンフォースによる荷重もない為、あくまでも参考値という事です。

ギター用ポットのVolノブ最小位置付近の計測。 旧CTS 残留抵抗40Ω前後から滑らかに上昇 現CTS 残留抵抗0-0.5Ω前後の次は40Ω前後 Bourns 残留抵抗2-4Ω前後の次は40Ω前後 と、現CTSもBournsも40Ω前後にジャンプしちゃうのは同じだったのだけれど、ジャンプまでの回転角はBournsの方が小さいっぽい?

返信先:確かに抵抗値が微妙に違っているので、別の日に計測してるのかなと思いました。 演奏技術だけでなく細かい研究とその積み重ねもいいトーンへの秘密なんですね! 尊敬します!

auto-PEEP 呼気時間が不足しているとき、呼気終末に意図せず陽圧がかかっている波形を示している。 〈対応〉 ●呼吸数・吸気時間・一回換気量を減らして、呼気時間↑ ●コンプライアンス×気道抵抗で時定数を計測し、呼気時間は時定数の5倍で設定 チェックしてみてください👇